Top > MyPage
 

yahoo入札、落札

ヤフオクでの、入札、落札

ヤフーオークションの、入札、落札の仕組みを用語などについて軽くまとめる。

用語

開始価格

そのオークション開始時の出品商品の価格。出品者により設定される。

入札単位

「現在の価格」が上がる際に上乗せの基準となる金額。自動入札の際、自動的にこの金額が上乗せされる。入札単位はシステムにより設定され、「現在の価格」が大きいほど入札単位も大きくなる。

「現在の価格」が1000円以上5000円未満の場合は100円。50000円以上なら1000円といった具合である。

希望落札価格

出品者により設定される、「できれば、この価格で売りたい」という価格。この価格に達する入札があった場合、オークションは終了となる。この価格に達する入札が無いまま、オークションが終了となった場合、最高額入札者に「現在の価格」で落札となる。

最低落札価格

出品者により設定される、「この価格以上で売りたい」という価格。この価格に達する入札が無いまま、オークションが終了となった場合、落札者なしで終了となる。最低落札価格未満の入札では、落札の権利が得られないということ。

即買価格

出品者により設定される、「この価格でしかで売りたくない」という価格。これが設定されているオークションは、開始価格が希望落札価格となるため、定額販売オークションとなる。入札があった場合、その入札者は即、落札者となる。

自動入札とは?

予算内で出来るだけ安くなるよう、自動的に他の入札者と競う機能。

入札したオークションで、ほかの入札者から入札があったときには、あらかじめ設定した予算に達するまで、システムが[入札単位]ずつ自動的に金額を上げて入札し、ほかの入札者と競う。

入札者が入力する金額「最高入札額」は「この商品にここまでなら出す気がある」という価格である。この予算内で自動的に他の入札者と競うのである。

例えば

柴田(仮名)が、ヤフーオークションを眺めていたところ、北米版マクロスプラスのDVDが出品されていました。

「開始価格」1000円で、「希望落札価格」5000円です。まだ誰も入札していません。

ここで、5000円で入札すると、即落札となり、このオークションは終了となります。

柴田(仮名)は4500円で入札しました。競う相手がいないので、「現在の価格」は1000円のままです。

このまま、誰も入札しなければ、柴田(仮名)が1000円で落札となります。

そこに新たな、入札者Aが現れ、「現在の価格」は一気に4100円と、なりました。

入札者Aは4000円で入札しましたが、すでに柴田(仮名)が4500円で入札していたため、自動入札の機能で、入札単位分上乗せされて「現在の価格」が4100円となったのです。

そうこうしているうちに、「現在の価格」が4600円となり、最高額入札者が入札者Aになりました。入札者Aが4600円、4700円、4800円、4900円のいずれかで入札したことを意味します。

柴田(仮名)は競うのをあきらめ、5000円で入札。希望落札価格であるためオークション終了となりました。

例えば2

またあるとき、北米版老人Zが出品されており、すでに何人か入札しています。「現在の価格」が3200円です。

柴田(仮名)は4000円で入札しましたが、「現在の価格」が4100円となりました。

すでに、最高額入札者がもっと高い価格を入力していることを意味します。

自動入札の機能で、「柴田(仮名)の入札額+入札単位」が「現在の価格」となったのである。